日本エレキテル連合が消えた理由は、相方中野聡子の病気が原因か?

お笑いコンビ、日本エレキテル連合の中野聡子(40)が27日までにX(旧ツイッター)を更新。「眼瞼(がんけん)下垂症」の手術を受けることを報告した。

2024年3月27日 日刊スポーツより引用

お笑いコンビ、日本エレキテル連合。久々に聞きました笑
「ダメよ〜ダメダメ!」のネタでブレイクしたのが2014年。
この年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞。

でも一発屋感があり、それ以降テレビでは見なくなりましたね。

 

日本エレキテル連合って!?

日本エレキテル連合

↑こんな姿でテレビに出てたので、年齢がわかりませんが調べてみると
右:中野聡子さん(40歳)
左:橋本小雪さん(39歳)
ブレイクしたのが10年前ですが、当時は30歳くらいだったんですね。
意外にも若くてびっくりしました。

 

眼瞼下垂とはどんな病気?

眼瞼下垂は、まぶたが下がってきて見にくくなる病態です。
その原因は、上まぶたを上げる筋肉の力が弱くなったり、
その付着部である腱けんが弱くなったり、はがれたり、
また、穴が開いたりすることです。

症状は見にくさの他に、眠そうに見える、肩こり、頭痛、
疲れなどがあります。

 

中野聡子さん眼瞼下垂で手術予定

相方の中野聡子さんが、眼瞼下垂(がんけんかすい)で手術をされるということですが、
長年、まぶたにテープを貼ってお仕事されていたことが原因のようです。

中野聡子

 

それが今では、まぶたを持ち上げるためにテープを貼っているようです。

芸人魂凄すぎますね。
体張ってる・・・

あのインパクトのあるメイクで、可愛さが全くなかったですが、
意外にも(失礼ですが)、中野さんおしゃれで可愛いですよね。

気になる、眼瞼下垂の手術ですが、実際に目の周りにメスを入れるわけですから
怖いし、心配ですよね。

 

眼瞼下垂手術ってどんなの?

眼瞼下垂の手術は、大きく分けると、3パターンあるそうです。

 

① 眼瞼挙筋腱膜前転法

挙筋腱膜前転法

うわまぶたを持ち上げる筋肉が伸び切ってうまく縮むことができないために
眼瞼下垂となる「筋性眼瞼下垂・腱膜性眼瞼下垂」の方に適応となる手術方法です。

② 眉毛下皮膚切除術
眉毛下に併せて余った皮膚を切除し縫合します。
手術の跡は眉の下のラインに沿うので目立つことはありません。
睫毛付近の皮膚を切除しないので、眼の雰囲気を大きく変化させることがありません。
手術後3ヶ月は、手術の跡が赤くなることがありますが、眉を描いていただけると隠すことができます。眉毛下皮膚切除
③ 前頭筋吊り上げ術
眉毛を上げる前頭筋とまぶたをつないで、眉毛の動きを使ってまぶたを上げる方法です。
太腿の外側の筋膜を使うことが多いので、筋膜吊り上げ術とも呼ばれますが、
特殊な材料の糸を使うこともあります。眼瞼挙筋の働きが無いか非常に弱い場合に使われます。前頭筋吊り上げ術出典:https://ozu-ganka.com/ope/gankenkasui_ope.html
なんだか、すごい手術ですね。
術後は、人相が変わる人もいるようですね。

子宮体癌の手術もしていた!?

2022年11月には、子宮頸(けい)がんを公表し治療のため、
その年の12月に予定していた単独ライブ「日本エレキテル連合の坊っちゃん」を中止。
後に子宮頸がんではなく、子宮体癌であったと明かしてしています。

ここ数年は、度重なる病気、手術を経験されていて大変だったんですね。
単独ライブが中止になってしまい、お仕事にも影響は出ていたのでしょう。
「手術して、はい、おしまい」ってことはないと思いますので、
おそらく、現在も通院しながら経過観察されていると思います。
今回の眼瞼下垂の手術でも、術後の経過が気になります。

日本エレキテル連合の現在の活動は?

テレビでは、あまりお見かけしませんが、YouTubeやライブなど、現在も
精力的に活動は続けておられるみたいです。

昨年末にはライブもあったようです。

 

また、YouTubeチャンネルも開設しているみたいですね。

まとめ

最近テレビで見なくなった、日本エレキテル連合のお二人ですが、
中野聡子さんの病気で度々ネットニュースで話題になっていました。
病気が原因で一時的に仕事に影響が出たこともありましたが、
現在もコンビで精力的にお笑いのお仕事されているみたいです。

中野聡子さんは、眼瞼下垂の手術を控えているようですので、
お身体には気をつけて、また元気な姿を見せてください。
手術前後のお顔の変化も気になるので、報告お待ちしています。